読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

喫煙と歯槽膿漏との関係

歯について

奥歯がグラグラしたのは十年前から

f:id:seesonoro:20150311175519j:plain

実は奥歯がグラグラと揺れ出したのは、10年ぐらい前からなんです。

その当時はまだまだ若くて血気盛んなころ。

歯茎が膿んで痛いので溜まらず歯医者に。

そこで歯肉炎の診断を受けます。

 

そして僕の担当の歯科衛生士の美人先生に「タバコ辞めないと歯が無くなりますよ」と言われた僕は、なんと!

「タバコという楽しみまで奪わんといて」

と言ってしまった。

本当にバカですね〜。自分で言うのもなんですが。

でも、この当時の僕には大問題だったんです。

仕事の危機に様々なストレス要因で身も心もボロボロでした

この当時は、仕事が激減した時期で、恐ろしいほどのストレスを感じて生きてました。仕事がないから、給料も減り、当然お小遣いもカット。

その当時は「パチンコ」もやっていたので、一切のギャンブルを辞めました。

何よりも「仕事が無い」というストレスは想像以上に心を痛めつけます。

これは「忙しくて死にそう」より、はるかに重くおもーくのしかかってきます。

更に他の記事でも書いたようなことに巻き込まれ、唯一の心の救済がタバコとお酒でした。だから子供のように先生に「タバコまでとりあげないで!」と叫んでしまいました。

その当時にタバコを辞めれば奥歯2本はまだ無事だったかもしれないです。

たばこのヤニが歯と歯茎の間に溜まっていく

ダンディー先生に教えてもらったのですが、この「ヤニ」がクセモノです。

歯槽膿漏の原因は「プラーク」と言われる歯石が原因で引きおこります。

この歯石が歯と歯茎の間に蓄積され、更には歯茎の奥にまで侵入していきます。

で、このプラークには「10億」の細菌が居るといわれ、この細菌がネバネバと粘着質に変化しながら、歯周病や虫歯の原因になります。

こうなると厄介で、強力な粘着質で普通のブラッシングでは取れなくなります。

さらにだんだんと歯茎の奥に入ると、もう歯磨きで取ることは不可能。

細菌はやりたい放題!歯を支える大事な骨を溶かしていき、支えられなくなった歯が抜けてしまうという、最悪の状況を作り出していきます。

これが一般的な歯槽膿漏です。

しかし!ここに「喫煙」が加わると更に最近の繁殖を加速させます。

なぜなら「たばこのヤニ」こいつが歯に付着するからです。

皆さんも知ってますよね〜喫煙所の壁。どこの喫煙所でも壁と天井は黄色いというか茶色です。

きっと掃除とかするときに、触ったことがあるはず。

「ネバネバして洗剤つけても中々とれない」頑固な汚れ「たばこのヤニ」

このヤニが歯に付着し、更にプラークが付着。ネバネバのヤニなんで、プラークが付きやすく、しかも落ちにくい!ひっついて離れない!そして再びタバコを吸い、更に覆いかぶさるように、ヤニがつく。その上にまたまたプラークが!もうヤニとプラーク(歯石)のミルフィーユ状態だ!こうなったらもう、歯ブラシでは太刀打ちできません!

歯医者で洗浄してもらうしか方法はありません。

しかも、たちが悪いことに、まったく痛くないので気が付きません!

そして歯がグラグラとなり、ぬけそうになったことに、ビックリして歯医者に行くことに・・・そして歯槽膿漏宣告を受けて抜歯となります!

いや〜恐ろしい!怖いですね〜。でも十年前は怖いより、生きていく苦悩とストレスのほうが大きかった。だから上のような発言をしてしまったんですね。

壁についてるタバコのヤニって舐めれないです。でも「タバコを吸う」という行為はきっとそれと同等、いやそれ以上の行為であることは間違いないです!

でも、それを度外視しても「うまい」と感じてしまうんですよね〜たばこって。

実際「食後の一服」最高ですもんね〜はぁ・・・・・

でも頑張って禁煙を継続しようと思うおじさんでした。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする