禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

何の前触れもなく突然バッテリーはあがるのだ

とうとうバッテリー交換になった

f:id:seesonoro:20150321140938j:plain
先日のエントリーで書いたように、バッテリーが上がったんですが、ブースターでの直結で復活!…したと思ったんですが…ダメでした。
だって、ちゃんとガススタで点検もしてもらったし、安心してたのに。
なんで、なんでやぁ!と心の叫び。
そういえば「もう6年経ってるし、次上がったら交換ですね…」ってスタンドのお兄さんが意味深なこと言ってたような気が。
やっぱりセコい考えはやめて、交換しといたらよかったよ~あとの祭りですね。
で、今回の上がった理由は…

何の前触れもなくあがるバッテリー

バッテリー事件から数日がたち、平和で忙しい、いつもの日常を取り戻していた。
いつものように、職場で仕事をこなし、いつものように車で帰宅する。
事件の後すぐは「エンジンがかかるだろうか?」と不安を感じていた日々も、
2日もすれば、もう慣れて普通にエンジンをかける。
実際にエンジンのかかりも良くて、不安感を煽るような動作不良もない。
なんの不安もなく安心して仕事に行けるという事実が、バッテリーのことなど忘れさしてしまう。
その日も調子よくエンジンをスタートさせ、仕事を次々とこなしていく。
そして仕事終了。相方と別れをつげ、僕はある目的地に車を走らせる。
いつも利用する「レンタルビデオ」。
そう僕はビデオを返却しに行ったのだ、この後訪れる悲劇など考えずに・・・
なにげなく、ビデオ屋の駐車場に車を入れ、無事にビデオを返却する。
そして店内の新着を物色し、一通りまわる。別段見たいビデオもないようだ。
店を出ると足早に車に戻り、キーを回しエンジンをかける。
「キュンキュン・・・・きゅ」
「あれ?」
おかしい、なんで?
気を取り直し再びキーを廻す。
「カチカチ・・・カ」
もうセルも廻らない。
「アカン!またバッテリーが!!」
そうまたしても、バッテリーがあがったのだ!しかも今回は助けてくれる仲間も居ない場所で。
しかし、今回はあわてずに落ち着き考える。
相棒と別れてまだ15分、これならまだ何処にも行っていない。
そして携帯で電話・・・「もしもし」と相棒。
「アカン、またバッテリーがあがったわ、会社のVU(電気の線)で代用できるし、事務所寄っていつものビデオ屋に来てくれへん?」
「わかった」
そう言って15分で来てくれた相方。
そして電線で簡易的に直結してエンジンスタート!
無事に復旧!お礼を言いスタンドに向かいバッテリーの交換をすることに。
お兄さんいわく「何かの拍子でバッテリーがあがったら、交換したほうが無難ですよ」と・・・
すいませんなあ、でもしゃあないやん。お金かかるし・・
と心で反論しながらも、交換作業を見守る。
無事に交換し結構なお金を払い帰宅。なんか疲れた・・・

名言を発見した

そして翌日。
うちの社長が突然、ブースターケーブルの値段が知りたいと言い、僕の運転で近くのオートバックスに。
そりゃ立て続けに、バッテリーが上がったら誰か持っていたほうが得策ですよね。
で、バッテリーコーナーに向かい、お目当てのケーブルを発見。
「うーん、ちょっと考えとくわ」
あれ?買うんちゃうの〜
と思ったがどうやら買わないようだ。なんやねんそれと思いながら、何気なく登りの言葉が目についた
「何の前触れもなく突然バッテリーはあがります。もしもの為に早めの交換を!」

「・・・・・」
ハイ確かにその通りですね。
ほんまに名言やん!
心でつぶやき、
そして「とぼとぼ」と車に向かいました。

広告を非表示にする