禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

堕ちる!落ちる!おちる~!

今週のお題「ゾクッとする話」

f:id:seesonoro:20150723162804j:plain

という事で、幽霊とかお化けとかは、経験が無いので、ヒヤリハッとの話しでも。

 

高所作業は危ないのだ

僕の仕事は現場作業の職人です。

20代前半に入り、結構仕事も覚えてきて、いよいよ現場を任されるまでになった頃。

その当時ですが、安全にはまだまだ煩くなくて、しかもお金を安全器具などに、

かけない時代です。

そんな時代に既存のビルの屋上作業。

作業内容的には、既存のビルの設備関係の老朽化にともなう更新工事で、

内容的にもそんなに難しい事は無いので、親方に任されていました。

そして、

その日は撤去作業が中心になっており、

古い設備を撤去してました。

この当時の古いビルは、屋上に誰でも登れないようにするためなのか、

階段ではなくてタラップと呼ばれる「ハシゴ」が壁に着いてます。

普通は人が待機出来る「踊り場」と呼ばれる、一畳ぐらいの場所にタラップが着いているのですが、そのビルはなんと!

窓枠に50センチ角の踊り場が着いてました!

そんな狭いところで、踊りなんてできませんよね!

ですから、当時の合方と手渡しで、撤去材料をタラップから、踊り場、そして、窓と手渡ししてました。

かなりの危険作業ですので、気楽にすることなんてできません。

そのビルは5F建ての地上から約15Mの高さ。

そんな5Fから物を落とすなんて・・・・考えただけで恐ろしい結果が見えています。

下を見ればたまに歩行者や車。

手に汗が流れる嫌な感じです。

それでも、なんとか撤去材料をおろし終わりました。

次は更新作業に入ります。

今度は逆のパターンで材料を上の屋上に手渡しで上げます。

これも何とか終わりました。

これで。屋上での更新作業に入ります。

事故はいつも油断から!

あっけなく更新作業も終わり、屋上の後片付けも完了。

もう帰るだけの段階。

相方が先に降りて、僕が屋上を最終点検。

そして確認が完了して、あとはタラップを降りるだけ・・・

そしてまさかの事態が!

タラップの真ん中ぐらいまで降りたときに、ズルっと

急に足が滑り、僕はタラップから滑り落ちました!

もう頭なかはパニックを通り越して、

「あっ。もう落ちて死ぬんだ、痛いの嫌だな~」

などと思ってました!

これは、不思議なんですけど、以外と冷静でした。

だって落ちたら15M落ちて死ぬんは解ってますから。

ガツン!!

と突然足裏に衝撃が!

更に両手にタラップがなぜか握られています!

「助かった・・・・・」

「おい!大丈夫か?」

相方が叫んでます!

「なんともないわ」

「そう・・・もうあかんと思ったわ」

「おれも・・・」

そして、窓枠から建物に入りました。

両足はガクガクと震えています。

なぜ助かったのか?

それは、偶然にも真直ぐに転落したために、

50CM角の踊り場に両足から着地!

さらに「ワシっ」と自然にタラップを掴んだ為。

凄い確率での偶然!奇跡です!

 

もうガクブルで飛んで帰りました。

幸いにもケガも全くなしでした。

今だったら、こんなこと起こらないように、

足場を組み上げるんですけどね~。

 

 

 

広告を非表示にする