禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

嫌ぁぁぁ!グラインダーがこっちに来る!

今週のお題「ゾクッとする話」

という事で第二段いきたいと思います!

 霊によって?霊体験は零の私ですから、そういう話しではございません!

 前回は落ちた話しですが、今回は走ってきた!

話しをしますね。

 

 

恐怖の電動工具

僕の仕事では、あまり使う事は無いのですが、

 ごくたまにですが、応援に行った時に、

 使う事も有ります。

 例えば、

 ドリルでございますなあ

 こんなのとか

 

 

 

 上のインパクトは一番使う工具です。

穴をあけるのはもちろん、

ねじを締め付けたりと、

万能な工具です。

下のドリルは、ハンマードリルで、

コンクリートに穴をあけるドリルです。

そして、今回は、

 グラインダーという工具の話です。

下の奴ですね。

 

 

まあ、こういう種類の工具です。

かなり便利な工具で、

ディスクを高速回転させて、鉄筋の切断や、磨きなどマルチにこなす、凄いやつです。しかもディスクの種類を替えることによって、切断させる種類も多様に対応します。

 

そんな、凄いサンダーですが、

高速回転する刃が、もろに出ているので、

大変に危険な工具です。

ですから、安全カバーが着いてるのですが、

このカバーが作業的には、結構ジャマだったりするんですね。

いいやつは、このカバーもじゃまにならないように、稼動するのですが、安いやつはこの安全装置がモヒトツやったりするわけです。

 

突然向かってくるグラインダーに!!!

 

そんな…

ある日、…僕たちはいつものように、現場で作業をしていました。

そして、一段落して、

ドラムの電源を落として、昼休憩ご飯です。

この時間が唯一の楽しみです。

そんな一時間をゆっくりして、作業に戻ります。

そして、ドラムの電源を入れたら

 

 

 

 

キュイーーーーン

 

 

という

けたたましい音!

そして、同時に

 

 

ガガガガガガ!

 

という音とともに、

 

グラインダーが地面を削りながら、

こちらに迫って来る!

 

僕たちは驚いて茫然!

 

ギャン!

 

あと数メートルというところで、突然停止!

 

びっくりして動けない僕達に

先輩が「ドラムの電源を落とせ!」

と叫ぶ!

慌てて僕達は電源を落とす。

 

そして、なぜ突然動き出したのか?

そして、どうして止まったのか?

 

まずは、グラインダーが止まったのは、

延長線が抜けたから。

僕たちまで、もう少しというところで、電線がそこまで伸びてなかったのが幸いしました。

回転する勢いで、コンセントから抜けたというのが、ホントに幸いしました。

そして、どうして電線が入ったのか?

これは、あくまでも推測ですが、

僕たちが休憩している間に、誰かが不注意で、蹴るがなんかしたみたいです。

その時、偶然にも、グラインダーのスイッチがオンになる。

でも、ドラムの電源が落ちてるので動かないので、誰も気がつかない。

そして、僕たちがドラムの電源をオン!

するとグラインダーが動きだす!

という、恐怖の現象が起こったということですね。

 

ホントそれいらい、

電動工具が怖くてしょうがない、おっさんになってしまいました!

広告を非表示にする