禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

【Hulu】ファーストガンダム第四話【ルナツー脱出作戦】

何の展開?まさかの味方に捕えられる?!

 

機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】 [DVD]
 

 連邦のルナツーという基地に到着した、

ホワイトベース

なぜだか「ワッケン指令」と対立し、

捕えられてしまうブライトやアムロ達。

それを知ってか知らずか、

ルナツーに潜入してくる「シャー」!

いったいどうなる?

 

という、ハラハラドキドキもんなんですが、

僕は子供心に、

「味方でケンカしてる場合やない!シャーが来てる!!」

と思ってみたもんです。

ですが、大人になってから見ると

また違いますね~。

 

戦闘を学習する驚きのガンダムの設定

捕まったアムロ達は飯をしながら、

なぜガンダムが強いのかをアムロが説明します。

ガンダムが強いのは戦闘を学習するから。

ここがジオンのザクとの大きな違い。

このAIのおかげでシャーとまともに戦えてる。

戦えば戦うほど経験を積み上げたガンダムのAIが、

強くなっていく!

すげー!

今まで、こんな設定あった?

昔のロボット漫画は、

主人公の超人的な能力と、圧倒的破壊力をもつ、

主人公のロボット。

この設定が当たり前でした。

でも、ガンダムでは初めてAIプログラムで動くことになっています。

子供のころは、「AIなにそれ?」

そんなんでしたが、かなりリアルな設定になってます。

いつの間にかリアルな現実世界でも、

AIが現実になってます。

そして、アニメではビームサーベルで、

ザクを見事に撃破するアムロでした!

ミノフスキー粒子による有視界戦闘

このガンダムの大きな設定で大事な部分。

ミノフスキー粒子です。

シャーが言います。

「敵を目の前にしても拿捕されんとは奇妙なものだな。

科学戦もつまるところまで来てしまえば、

大昔の有視界戦に逆戻りというわけだ」

ようは、レーダーなどが使えないんですよね。

ミノフスキー粒子せいで。

だから、目で見て戦闘をおこなうことになる。

白兵戦による戦闘が大事になるんです。

 

うーん細かい設定だな~。

しかし、よ~く考えて作品を作り上げてると思います。

 

関連記事

 

seesonoro.hatenablog.com

 

 

seesonoro.hatenablog.com

 

 

seesonoro.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする