読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

【一週間目】ぎっくり腰になって僕がしたこと【歩ける4日目!油断禁物!】

少し痛みと腫れが引いてくる

 
前回の話しの続きになります。
前回はぎっくり腰が再発してからの
三日間のしたことでした。
 

 

 
んで、今回はその後になります。
ぎっくり腰も、だいたい四日目ぐらいになると、症状もいくぶんかマシになってきます。
例えば、トイレに行くのも、這っていってた人が、歩いてトイレに行けるとか。
横にしかなれなかった人が、座れるようになったとか。
そういうふうに、ほんの少しづつですが、良くなってきます。
マシにはなったけど、まだ歩くのが辛い人は、無理せずにもう少し様子を見ましょう。
僕の場合は、この頃には歩くのは平気になって来てました。
もちろん無理はせずに、ゆっくりとした動作で、休憩などを入れつつ、仕事もしていました。
でも、ここで油断は禁物です。
しっかりと治療を続けましょう。
 
四日目からの治療も冷感シップで冷やす、コルセットで補う。
 

 

 

 

【第3類医薬品】ホルキスS冷感 48枚

【第3類医薬品】ホルキスS冷感 48枚

 

 

 

 

 
四日目に入って少し元気になると、
これならできると、無理をしてしまうもんです。
でも、ここはぐっと我慢して、治療を続けましょう。
とは言っても、前の三日間と同じです。
冷感シップでまだ違和感のあるところを
冷却します。
ここで油断して「もういいかな、暑いし、蒸れるし」とシップを外してはいけないです。
まだ違和感が残っているなら、もう少しだけ患部を冷やしましょう。
僕はこの一週間、ずーっと冷感シップで違和感の残りを冷やしてました。
そして忘れてはいけない、コルセットです。
このコルセットですが、本当に最後にとるつもりで、蒸れますがつけておいたほうがいいです。
僕は以前に外して、きっちり痛みが長引きました。
 
 
【これが肝】病院に行きましょう!【整骨院など】
 
僕の場合は何度も経験してるで、だいたいこの痛みが引いて、歩けるようになった頃に、近日中の整骨院に行きます。
何故なら、この頃なら患部の腫れも引いて、筋肉痛の原因の場所を、マッサージしたり、伸ばしたりできるからです。
もちろん、先生もプロですから、
無理なストレッチなどはしません。
あくまで、最後に痛みを和らげる治療をしてくれます。
なった初日に行ってもいいのですが、
前に「とにかく腫れが引くまで治療はできないよ」と言われたので、今はこの方法をとっています。
でも、本当に我慢できない痛みなら、病院に行くのも大事ですよ。
 
僕のぎっくり腰の治療パターンですが、
いつもこんな感じで、治療しています。
だいたい2週間ぐらいで、シップをしなくして、様子を見ます。もちろん、マッサージにはその間も通っています。
そして三週ぐらいで、様子を見ながら、場合によってコルセットを外して行く。
例えば、仕事で、しゃがむ動作が大いになぁと思えば、コルセットをつけて、
今日は楽な作業やなと思えば、コルセットを外す。こんな感じで少しづつ全てのアイテムもとっていく感じです。
 
まあ、まだ僕も一週間しかたってないですが、こんな感じで治療していきます。