読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

【日本独占配信!】フィアー・ザ・ウォーキング・デッド!!エピソード2忍び寄る恐怖が!【Amazonプライムビデオ!】

映画やドラマなど
第2話 近くて遠い!を見たよ〜

チョー話題のAmazonプライムビデオ!ですね。

皆さんも見てるかたも多いのではと思う今日この頃。

このプライムビデオ、アマゾンのプライム会員の特典で、あらゆるビデオが追加料金無で見れる話題のサービスです。

そのサービスで僕は、アメリカで人気のドラマ

「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」を見ています。

そこで、前回の第一話の続きエピソード2「近くて遠い」を見た感想などを、

書いていきますね〜。

 

 

 

パイロット版

パイロット版

 
 遂に恐怖は始まり伝染していく!

いろいろなレビューで批判されてる方もいますが、

僕は徐々に「恐怖」が広がっていくところが、

良いと思うんですけどね。

いわゆるパンデミックが発生したわけですが、

今回の話で大きく「気づいてしまう人々」あるいは「巻き込まれてしまう人」さらに「気が付かない人々」に分けられた気がします。

早くから知ってしまった家族は「逃げる」選択をします。

だってこれは「どうにもならないし、止められない」と解かったんですから。

殺しても殺せない相手、それが伝染していくんですから。

僕はこのジワジワ感が伝染病の恐怖を更に煽ると思うんですよ。

一人ひとりの心理描写などもあるし。

もし、巻き込まれたら、

いくら強がっても、泣いても助けを求められても、

何かを守る為ならどんな犠牲もいとわない!

そうなっちゃうんでしょうね。

 

街は暴動がおき、ゾンビ化した友人を・・・

あるきっかけで、街は暴動がおきます。

このへんは「日本」とは違うところかな〜と思います。

理由は、

警官が無防備な人を20発撃って殺しちゃうんですから。

理由を知らないから、

それを見た人たちが怒りで暴動に発展!

さらに、事情を知ってる人たち、気が付いた人たちも、

いよいよ逃げる準備を始めます。

これは職業や年齢も関係なく始まります。

水や食料を大量に積み込む警官。

それを見ていよいよここは危険と思う。

そんなさなか、恋人が噛まれて感染、行くんだと促す男。

さらに仕事仲間がゾンビ化、そして殺してしまう・・・。

初めての殺人?そもそも人なのか?

近所の人も一人襲われているが、助けに行くことは決してできない。

ドアを開けることが「死」に直結している恐怖。

どうしてそうなるのか解からない、

その解からないモノ、理解できないモノが、

人々の心の奥の恐怖を更に増大させていく。

そういう、ゾワゾワしたモノが背中に広がる感覚が、

見れると思いますよ〜。

 

 

Fire TV Stick

Fire TV Stick