読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

【自転車の乗り方が間違い?】ひょっとしたらケイデンスが大事?【まさかのダメ出し!】

とにかく回す!ペダルを回せ!

 
前回の話しで、先生に自転車の乗り方が間違っていると、指摘されたnoroです。
これには、本当にビックリでした。
だって、確実に筋力がついてる!
って思ってました!
すげー勘違いですよね!
でもそれって、本当は筋肉を酷使するだけだったんですね。
そのことを先生に教えもらいます!

 

f:id:seesonoro:20150623142131j:plain

腰に負担のかかる乗り方とは
 
先生「その乗り方では腰に負担がかかってしまいます。」
僕「そうですか」
先生「まず、立ち漕ぎですけど、これはかなり腰に負担のかかる乗り方です。足にばかり負担がいくと思いがちですが、実は体を支える為に大きく力が掛かります。ですから、できるだけ、しないほうがいいですよ」
僕「そうなんですか、知らんかった・・・・」
先生「更に言えば、MTBに乗ってる方は、あまり、立漕ぎしてる姿みたことないです」
先生「特にレースですけどね」
更に
先生「坂道とかは特にクルクルとペダルを回してるイメージですね」
僕「クルクルですか」
先生「そうです。僕もそうなんですが、ペダルをとにかく回す。こちらほうが、インナーの筋肉も鍛えられますし、更に言えばこちらのほうが、いずれは絶対に速く走れるようになりますよ。」
先生「特に登りの場合は、間違いなく、こっちのほうが、速いです。」
僕「なるほど。ケイデンスを上げるんですね」
先生「そうです。」
 
結論としてはケイデンスを上げるのが、ベストな乗り方になる!
 
マッサージを後にした僕の頭は、
「小野田!ケイデンスをあげろ!」
との声が響いていた。
それに先生の「速くなる」この魔法の言葉。
 
結論としては、
 
1。
とにかく、クルクル回すことに専念する。
つまりパワーよりケイデンス中心の乗り方に切り替える。
2。
更に、膝や腰に負担掛からない、ベストなギアで登る。もしくは、ペダルを回す。
3。
できれば、ケイデンスのわからる
「サイコン」を購入する。
 
というようなことでしょうか。
それに、できたら「レース」というもんにも出たい!出てみたい!
そんな今ままでにない感情もありますからね。
でも、頑張りすぎには気をつけます!
 
関連記事

 

seesonoro.hatenablog.com

seesonoro.hatenablog.com

seesonoro.hatenablog.com

seesonoro.hatenablog.com

seesonoro.hatenablog.com

seesonoro.hatenablog.com

 

 

seesonoro.hatenablog.com

seesonoro.hatenablog.com