禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

距離と時間の感覚は人それぞれナノだ!

「すぐ近くだから」行ってみたら(゚o゚;

この感覚の違いってほんと人それぞれ。
なんで今こんな話しかというと…
たった今やられましたよ。
それはこんな感じでした。

お得様「今度やる現場の下見一緒にいかへん?」
僕「ん?いいけど、近いの?」
お得様「近い近い。受付とか現場の説明とかしたいし」
僕「う~ん、もう少し待って?」
お得様「この現場の受付も教えなあかんし、とりあえず受付行こか」
僕「わかったよ」
で現場の受付に行って、
各種の手続きと引き継ぎを教えてもらいました。
お得様「さ、行こか」
僕「いやいや、もう少し切りのええとこで…」
遮って
お得様「近いから、早く」
僕「もう…わかったって」
そして相方に、
僕「近くらしいから、現場見に行くわ」
そういい残して車へ、
お得様「ほな、ついて来て」
つうことで、先導車にくっついて行きます。
僕「あれ?一号入るの?」
そして10分経過…
あれ?と心の中で思う。
おかしい…かれこれ十五分経過…

僕の中では「近い」と思う時間は過ぎている…
更に二十分経過し、だんだんイライラ!
そして三十分経過で(-_-#)
おっさんどこまで行くねん!
と思ったら到着。
ハァやっとついた、
で等のお得様は、
「なぁ近くやろ。ほな説明するで」
僕「…」

まあ得意様なんで笑顔でしたが、
心の中は怒りの炎がグツグツと煮え立った状態!
われ!ええかげんにせぇ!
と言いたいのをぐっとこらえて対応。
そして更に得意先と別れて、
現場に戻る40分かけて。
一時間以上も現場を開けた。
でも、得意先の人の感覚は近いらしい。

人の感覚はそれぞれ違うのだ

好きなタイプの女性が違うように、
人それぞれ感覚も違うんですよね。
今更ながらに感じました!
僕の近い感覚は、10分まで。
でも30分の人も居るわけです。
そういえば身内の手術の時、
目の前通り過ぎる看護士さんに、
「手術どうでしょうか?」
と聞くと、
「順調ですよ、もう少しで終わりますよ」
との返答。
そして一時間がたち二時間がたち…看護士さんに、
「あの、まだでしょうか?」
と聞くと、
「もう少しですよ」
と笑顔で言われ、
更に二時間後に手術が終了、
ということがありました。

結局これも感覚の違いなのかな?
と身内と話した思い出があります。
やっぱり、人の感覚の違いを知る為にも、
ちゃんと聞くことは聴こうと思ったのでした。

広告を非表示にする