禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

そんなミラクルはできないッスよ!

急に言われて、またひっくり返される?

先日のこと、ある現場の段取りで、土曜日に工事をする事に。
まぁそれ自体はよく有ることですし、
ウチは土日関係なく年中無休で対応している工事屋なんで(^。^;)

そして前日確認の電話を先方に入れる。
すると、
「あ~その件やけど昼からにしてくれるかなぁ。先方の担当者が休日昼からしか現場に来れないから。」
「了解です。」
と僕は2つ返事で了解した。

なぜなら、その空いた昼までの時間に、
他の作業を入れることができるからだ。
僕はすぐに、他の現場に電話をして、
昼までの作業を入れ、応援職人も手配。
うーんこれでバッチリ!
と自己満足して就寝。
んで、翌日…
突然早朝から電話。
僕は眠いながらも電話に出る。
「ごめん、昨日昼からっていってた現場、今から来ても作業できるで」
「は?」
「いや、だから、担当者が朝から来てくれてもうできるってこと!」
はぁ?朝からなにを言っている!
「あの~すいません。もう昼まで他入れたので、動けないです。」
「そんなん言わんと~なんとか」
「できるだけ速く行きますから」
「わかった。頼むわ」
という流れ。
おいおい、そっちの勝手な動きで
全てを決めるのは間違ってるで!
とは言えない…

電話を切ってから、大急ぎで昼間の仕事をこなし、すぐにその現場に移動する。
そして、その現場も大急ぎで作業を終わらせる。
しかし、お礼もなく当たり前の対応に、
少しムカつくも、顔は笑顔でお礼を言う。
なんか納得いかずに帰って来る。


二転三転しても誠実な対応があれば頑張ろうと思うもの

実はこんなことは、現場での仕事はよく有ることです。
何故なら、工事はいろいろな業者が入って、一つ建物を完成させるから。
だから、いろいろ問題は起こります。でも、
それをうまく収まるように、段取りするのが、番頭さんだったり監督のお仕事。
だから、段取り変更は多いです。
いかに、気を良くして変更を受け入れて貰うか、その采配も大事な自己だと思うんですよね。
それが上手い人は、当然ですが、職人さんか良い仕事をしてくれます。
悪い人だと、有ってはならない事ですが、
どうしても職人さんの仕事が荒くなります。
そうなると、当然、クレーム工事の対象になったりするわけです。
どうしてこうなるのか?
それは職人さんは人間だから。
気持ちの調整した違いが、仕事のズレにつながっているから。
このちょっとした違いで、
仕事の良し悪しが結構決まったりします。
職人さんも人間ですから、誠実な対応をすれば、そのぶんきっちりしてくれるわけです。
そう言った気配りできる監督さんや、番頭さんが少なくなった昨今。
ましてや外国人労働者も増えて、
コミュニケーションができにくい現場の仕事。
これから先どうなっていくのかなぁ?
と、ふと思った出来事でした。


広告を非表示にする