禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

冬のトンネル

お題「通学路の思い出」

というお題ですね~

もううん十年前の話しになります。

冬のトンネル

僕が子供の頃に住んでいた所は、
本当に凄い田舎でした。
当時、引っ越したばかりの時は、
舗装道路ではなく、砂利道で、
街灯もほとんどない所。
住所も当時はまだ「村」でした。
今ではそんな村も、すっかり新興住宅地となり、車も人も大変多いです。
そんな田舎での通学路。
周りは田んぼに畑。
家もまだまだ当時はそんなに建っていないので、なーんもない砂利道。
夏とかは稲が青々と茂っていい風景ですが、
それが冬ともなると、なんとも寂しい風景に変わります。
そんな田舎の通学路ですが、唯一のコンクリート建造物がありました。
それはトンネルです。
トンネルと言っても、ちょっとした距離で、
20mもないぐらい。
でも、小さな子供にとって見れば、
結構な距離。
このトンネルですが、車もあまり通らない田舎ですから、結構子供の遊び場みたいになってました。
夏は日影で涼しいので、そこでボール遊びなどをしていました。
まぁ、これもそのうちできなくなってしまうのですが。
このトンネルですが、もちろん通学路。
当然冬も通らないと行けません。
でも、真冬ならではの楽しみもありました!
勘のいい方ならおわかりですね。
「氷柱」です。
冬になると、必ずトンネルの天井に氷柱ができます、。
この氷柱を石を投げて落とす!
たったこれだけのことですが、本当に必死に石を投げて落として遊んでいました!
当然誰が大きな氷柱を持って行くのか、
競争です。
だから、他の班に負けないように、
少しだけ早く投稿したりして、
毎朝氷柱取りでした
少し遅くなってしまうと、
トンネルの天井を見上げると、
折れた氷柱のあとが残っているだけ。
その時は、悔しくて、
更に学校にいくと、
大きな氷柱を見せびらかしに来る同級生。
当然、氷柱ができない日もありますが、
僕らの冬の遊びの一つでした。

こんなトンネルの遊びも、
新興住宅地となり、人や車も多くなり、
やがて道が舗装される頃には、
トンネルでの遊びは一切禁止となっていました。

あんな当たり前の風景も、
二度と見ることも無くなるなんて、
その時は思っていませんでした。

なんともほのぼのした風景。
懐かしいです。
広告を非表示にする