読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

Wワークを初めて一年でわかった事

辞める目標をたててする事が大事


どもです!いやー早いッス。
Wワークを始めて一年。
こんなに続くなんて思ってませんでした。
一年たったんで、いろいろな思いをここで整理しようかなと思うわけです。
まぁタイトルが結論なんで、
ちゃんとまとめていきたいと思います。

本業との両立に悩む日々、しかし本質がわかった気が。 
まず最初、いや、いまでもですが、
本業との両立です。
一番の悩み所ですね。
具体的には、本業からWワークへのシフト時間。
これは今でもヒヤヒヤもんです。
昼の仕事の終了時間なんですが、
現場の場所、仕事内容など、
いろいろな要素で、時間の制約が変わってきます。
多分これが一番悩みます。

Wワークの終了時間で更に考える
当然なんですが、Wワーク作業でも残業は有ります。
そうなると、睡眠時間の確保が 難しくなってきます。
今でも、朝が早い時に限って、
遅くなる場合が多いですね。
最初はこれが嫌でいやで、
でも、考え方を変えました。
「間に合えば良い」
そう、このWワークの落とし穴で、
自分で、自分をどんどん追い込んで行く傾向にあります。
ですから、楽に考える。
この考えになるのに、少し時間がかかりました。

自分らしさを削ってしまうかも。結局、時間、お金、リスク、このバランスが悪い
仕事終わりのほんの少しの時間、
この少しの時間が、結構大事なんだとわかりました。
家族と過ごしたり、自分の考えを整理したり、あるいはストレスを発散したり、
更に言えば、明日の為に、また疲れてを取る為に、ぐっすりと眠る。
この時間で自分らしさを取り戻す。
この大切だった時間を労働に費やす。
そして費やした時間に見合った収入があるのか?
けっしてそんな事はありません。
自分を削ったぶんの対価は得る事はできないです。
更にリスク、長時間の労働によって、
引き起こされる可能性のある事故。
過労による体調不良などリスクは増える一方です。
そう思うと、長期的に考えても、
続くわけ無いという事がわかります。

結果、結論としては、「辞める目標を立てる」これが大事なんだと。
うちのWワーク先でも、今、辞める人が多いです。
それは、ベテランから半年の人まで。
結局、いろいろな理由はあります。
本業が忙しくなって働く理由が無くなったり、新しい昼の仕事の収入が良いから辞める、などなど。
でも、辞めるって決めた人達の清々しさは、
やっぱり、嬉しさが溢れてるのだと思うのです。
僕自身も次のステップの為に考えないといけませんね。
広告を非表示にする