読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

自転車は腰に悪いらしい?

整骨院の先生が言うには、骨盤を割る行為?

ども!タイトルの通りの話しなんですが、

先生が言うには、あまり腰に良くないと言う。でも、僕はじて通なんで、「はい、そうですか」という訳にはいきません。

そういう訳で教えてもらいました!

細いサドルに座る事によって骨盤に悪い!

一番の理由はこれだそうです。

サドルの形って「細い流線型」ですよね。

これは、足で漕ぐという行為があるため、

絶対に逃れる事はできません。

お尻に優しいママチャリでも、この構造からは逃れる事はできない。

このサドル、しかも必ず骨盤が乗る形になってしまいます。その事によって骨盤とサドルが固定される感じになり、そこえ流線型の細いサドル、ですから大袈裟に例えると「割る」という風になるらしい。 

確かになるほどです。

そして更に、スポーツタイプの自転車は前傾姿勢となり、腰に負担がかかるそうです。

これって当たり前と言えば当たり前なんですが、当然前のめりですからね。

スポーツ自転車は。

そういう風に考えると、僕のぎっくり腰や腰痛の原因ってこの事によるんじゃね?

って疑ってしまいます。

じゃぁどうするの?

スポーツ用の骨盤固定ベルトをする!

という事になるそうです。

実際、あらゆるスポーツで腰が悪い人や、

腰に負担のかかる競技の場合は、

コルセットは普通です。

先生が言うには競輪選手もこの骨盤固定バンドをしているらしいです。

じゃぁ、そんなバンドは?

となりますよね。

これが結構な値段するんですよ。

医療用コルセットと違って、

造りも頑丈にできてますし。

でも、自転車は好きですから購入するしか無いのかな~

 

広告を非表示にする