禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

あの娘の喫茶店でモーニング!これが常識でした。

今週のお題「朝ごはん」という事で、

諸般の事情により朝ご飯を食べなくなった僕が、かなり昔に食べていた記憶を頼りに書きますよー題して、

寒い朝の朝食といえば茶店のモーニング!

です!

 遥か昔、僕がまだこの仕事を始めたばかりで、いわゆる「ぼんさん」と呼ばれているころ。

その当時くっついていた、いわゆる「親方」ですが、基本的に朝ご飯は家で食べない人でした。

その当時はバブルに入っていく前で、

結構建築業界も景気が上向きのころ。

当然、親方達もお金は持っていました。

なんせ、仕事をすればそれ以上の収入があった時代。

ですから、もっぱら朝の出発パターンは決まってました。

喫茶店に集合して出発

これ、バブル期を経験している建築業界の方は、あるあるだと思います。

だいたいこのパターンが普通でした。

とにかく、朝は喫茶店に集合して、

みんなで、モーニングを食べる。

あんど打ち合せ。

そして出発でした。

僕は独身で一人だったので、大変助かりました。

当然、お金は先輩、親方が払ってくれました。

一人だった頃の、温かいコーヒーに、

分厚いトースト、スクランブルエッグか、

目玉焼きにハム、そしてサラダにコーンスープ。

これだけ毎日食べさせてもらっていたんです。

今考えると、結構なお金がかかってますよね。

でも、バブルなんでぜんぜん問題ない感じ。

さらにさらに、先輩達には目的があったのです。

看板娘に会いに行っていたんですね。

そのお店で働くお姉さんに会うのも、

モーニングの目的の一つでした。

ぼんさんだった僕は、結構からかわれたりした思い出があります。

そういうこともあり、

どのお店のあの子が可愛いとか、

あの子と誰々が付き合ったらしいとか、

そんな話題が結構ありましたね。

今考えると、良い時代でした。

今なら、声かけるのも結構難しいですね、いくら常連でも。

昔は結構仲良くなれたんですが。

こんな感じで、朝のモーニングを楽しみにしていた時代です。

 

 

広告を非表示にする