読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

【80S世代の神】叫ぶギター!!エドワード・ヴァンヘイレン!【もはやギターを超えた!】

トピック「好きなギタリスト」について

 ギター神を攻撃するような音!音!音!

 

 この当時の僕ですが、いわゆる中2病全盛期の時でした。

この当時のシーンは、へヴィーメタルハードロックブームでした。

ですから、世間でもロックが認められたと言っていい時代。

でも、この時代の音楽って、ひじょーに広くて、

何でも聞けた時代でした。

 

この時はシンセサイザーを使ったテクノぽいポップスも全盛期で、

ハワードジョーンズも流行ってました。

そんな時代に流行ったのが「MTV」です。

僕もこの時に初めてPVを見ました。

その時流行ったのが、ヴァンヘイレンの「1984」というアルバム。

その中のシングル「ジャンプ」が世界中で大ヒット!


Van Halen - Jump - YouTube

もちろん日本でもヒットして、中2の僕も知ることになりました。

 

叫ぶギターに共鳴する心!

そして、僕はこの「ジャンプ」が好き過ぎて、

ついに「1984」を近所でレンタルしてきます。

そして、明るいジャンプを何度か聞いてから、

次に流れるこの、激しいギターリフ!

「パナマ」で衝撃を受けました!


Van Halen - Panama (Music Video) - YouTube

だって、こんなにヘビーな音楽を今まで聞いたことなかったんですよ。

いわゆるハードロックの初体験。

親がうるさかったので、ヘッドフォンで視聴してますよね。

もう、脳が吹っ飛びました!

一発でヴァンヘイレンのサウンドに魅了されていきます。

特にあのいななくような、音!

しびれました!

そして、ロックが好きな友達を探して教えてもらいます。

ヴァンヘイレンの事やエディーのことを。

そして、過去のさかのぼるように、全てのアルバムを聴いいきます。

全アルバムを聞き終わるころには、

もうへヴィメタ少年が完成してました!

独特なファッションとあの「フランケン」

 

 

この激しいストライプのギターに派手なコス!

今まで見たことないですよね。

しかも、あの超絶テクニック!

単純に「カッコいい」この一言です。

今でもやっぱりカッコイイと思うんですよ。

この人を超える人なんて、なかなか出てこないと思います。

 

 久々の来日ライブにむねが躍った!


VAN HALEN Japan Tour at Osaka 大阪市中央体育館 ...

 

 もちろん見に行きました!

だって「神様を超えた神様」がやってくるんですよ!

そりゃ見に行きます。

仕事?

もちろん休みました!

だって神様やもん。

生で聞くあの音!一体あのパワーはどこから来るんや!

とビックリです。スゲーいい歳なのに、

パワーで圧倒される!

そして、思い出したんですよ。

なぜエディーのギターが大好きになったのか、その理由を・・・。

叫んででも生きる!!

その「中2時代」って、両親の離婚などで、

僕の心は堕ちていた時期。

僕以外に、誰も居ない生活がスタートしたんです。

誰も居ない=全て自分でやるしかない。

炊事・洗濯、全てやってました。

この時は希望なんてなかったし、

もちろん夢もありませんでした。

しかも「気」が弱い僕は、

どんどん内にこもってしまいました。

学校も休みがちになり、ましてや「心」はもっと奥に・・・。

ですから「暗い」「しゃべらない」ではなくて、「怖くてしゃべれない」

人になってしまった。

だって「一人」で生きなくてはいけないから。

お金をくれる片親、兄弟から嫌われたら、もう生きてはいけない。

それがやがて電線して「友人」にまで発展。

すると前に書いた通り「嫌われない為にどうするか」それしか考えない、考えられない。

不思議ですけど、追いつめられすぎると、こんな考えに堕ちます。

きっと誰でも。。。。

そんな時に「叫べ!雄叫びをあげろ!」と言ってる気がしたんです、

エドワードヴァンヘイレンのギターが!

あの独自のサウンドが!

だから大好きになった!

僕も生きていいんだ!

と思ったんです。

今考えると不思議ですけどね。

それを思い出したんです!

だから、僕も年齢なんか関係なく、

もっと立ち向かってやろう!あらがってやろう!

そう思った素晴らしいライブでした!

きっと、サウンドのこと、テクニック、

リフやライトハンド・・・・とかは

他のかたが書いていると思うので、

僕は気持ちの部分を書いてみました!