読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

夏でも僕たち長袖です。

お題「夏服」

ということで、

僕たち現場で働く作業着を少し紹介しようかなと思います。

昔は「ザ作業着!」

みたいな、デザインの服しかなかったですが、今や作業着といっても、かなりオシャレになったと思います。

しかし、現場では半袖は許されず、

絶対に長袖です。

これは、ゲガの防止なんですけど、大手になればなるほど、絶対です。

半袖での現場への入場はできません。

今では「当たり前」になっています。

では、いってみよー!

茶色系が今や定番の作業着

 今やこの茶色系が定番です。

シルエットも割と今風になっていて、

これに、同色のカーゴパンツと合わせるのが、定番中の定番です。

昔のようないわゆる「ドリフの作業着」

ニッカボッカ」と言われる作業着は、

大分と減ってきました。

別にそのまま歩いていても、

浮いた感じはしないのが、今風の作業着になってます。

 

 

作業着革命の「空調服」!

これは、ほんとに作業着の革命がおきましたね~。

今やこの空調服、当たり前のようになってきています。

僕も本当は欲しい!

かなりオシャレ欲しい!

でも、僕たちの作業内容では、

この空調服を着ることができない!!

だが着たことないです。

他の方に聞くと、

「真夏の炎天下でも、かなり平気でいてられる」

「屋上での作業だけでなく、屋内での作業も快適」

「えー!今更。みんな着てるし夏休みでは普通でしょ」

という感じ。

この空調服、仕組みはいたって簡単、

服の中に外部から空気を

送り、身体の汗の気化熱で涼しくさせるという代物。

想像しにくいので、

運動して帰って来て、

扇風機の風を服の裾から送りこんで涼む。

これ!これです。

この感じが空調服らしい。

なるほど。

やっぱり欲しい!うらやましい。

ということで、現場での作業着でした!

 

 

広告を非表示にする