読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

テレビのチャンネルはガチャガチャ!

親父の独り言 歯について

お題「昭和」

 ども!お題スロットが昭和ということで、

おもっきり昭和の私が思い出をちょろっと。

ブラウン管のテレビ、チャンネルはガチャガチャ!

必ず昭和の話しになると出てくるのは、

テレビのチャンネルですよね。

昔はこのチャンネル、ガチャガチャと回すチャンネルでした。

子供心に結構固くて、回しにくいイメージが残っています。

僕の家のガチャガチャチャンネルも、よく言われてるように、壊れてしまい ペンチで回してました。それもそのうちダメになると、

UHFのチャンネルでテレビを見てました。

こちらはガチャガチャでなく、クルクルと回すダイヤル。これで見てるのが多かった。

やがてガチャガチャからボタン式になって、

更にリモコンが追加される。

そしてブラウン管も横長のワイドになって、

液晶にと変化していきました。

どうやってテレビとファミコンをつないだの?

このころのテレビって、外部入力なんて無かった。

ですから、アンテナの入力の途中に、

ファミコンのアダプターを入れ、

家の場合は3チャンネル だったかな?

確か一桁のチャンネルにふっていたと思います。

この頃って、お金持ちはファミコンセガと二台持ちだったので、変換器をさらにつけていたと思います。

そういう配線を日常的にやっていたので、

普通にいろいろな機器を、

つなぐことが出来るように、なってました。

この当時の男の人って、みんな複雑なAv関連の配線ってできたと思います。

アンプからのインとアウトなど。

今やそんなに面倒なことしなくても、

Bluetoothで無線ですもんね。

いやはやスゴイ時代です。

 

 

広告を非表示にする