読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

Amazon返品最後の手段は?

あれ?なにこのメール?なにー!

ということで、ども!

みなさんもAmazonをしっかり利用していると思います。

僕もそれほどヘビーユーザーではないのでスガ、ソコソコ利用していますし、

prime会員ですかね。

そんな僕がイージーミスを犯してしまいました!

それは、、、、、、、

寝ながらのAmazon行為は危険です!

どういうことか?

それは、Wワークに行く前に、

少し仮眠でもしょうかなぁと、

ベッドにゴロリ。

いつも通りスマホいじりながら。

これがいけなかった!

その時見ていたのはAmazon

健康器具でなんかないかなぁー、、、、、、、、、、、、、、

(-_-)zzz(-_-)zzz(-_-)zzz

そして、バイブの振動で目が覚めてスマホ

みると、

「商品の発送が確定しました」

とのメール?

なにー!

ということで、Amazonアプリを起動し、

注文を確認、

するとありました!寝る前に見ていたページ、しかもそのとき

「腹筋ローラーも安くなったなぁー」

なんて見ていたページ。

そう!もう持ってますから!

2こもイランし!

すぐさまキャンセルの手続き。

すると「一応努力してみます」って内容。

おい!

間違いやねん!ごめんって!

寝ている何かの拍子にポチったみたいやねんて!おーい聞いてる!

するとメールがまたAmazonから。

内容は「努力はしましたよーでも間に合わないから、お客様で受け取り拒否してね」

という不安な内容。

なんやねんこれ?

Amazon最後のキャンセル手続きは「受け取り拒否」でできます!

そうです、何らかの間違いやトラブルで、

その商品が要らなくなった時に、

Amazonのキャンセル手続きの最終が、

この「受け取り拒否」でした。

これは凄い簡単でした。

配達に来たお兄さんに、

「すいません、受け取り拒否します」というだけ。

するお兄さんは「わかりました、返品しときますね~」

と慣れた対応。

たぶん同じような案件は多いのでしょう。

ですから、恥ずかしがらず、遠慮せずに

「受け取り拒否」をすれば良いのです。

これもAmazonのサービスの一つなんですから。

やっぱりすげーぞAmazon

広告を非表示にする