読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

大人にとっての二学期とは?

お題「二学期の目標」

ども!おっさんの社会人でこのお題です。(^_^;)

さてどうしよう?ということで、

考えてみよう。

いわゆる下半期の目標

ということと理解しました。

僕にとっての目標は、独立へのあと一歩が欲しい。

この一歩がなかなか見えなくて、

融資の話し野続きもできない状態です。

元親方はできる!って言いますが、

この時代です。

できるだけリスクは減らさないといけませんし。

とにかくもう一手が欲しいと探しているところです。

建築関係の代理店の話しも聞いた

いわゆる代理店の話しも聞きにいきました。

でもら、軟化今ひとつびびって来なかったです。

なんで、この代理店の話しを聞いたのか?

というと、この建築関係での商売の基本があるからです

建築関係は人の数で売上を上げる!

これは、先日Wワークの先輩と話していて、

売り上げ野話しになりました。

例えば、単純に計算するとして、

工場ならラインの数を上げないと、

売り上げあがらない。

では、建築関係なら?

簡単ですね~作業する人を増やさないと、

売り上げは上がらない。

この売り上げ、

単純にこれだけでは決まらないのが現実何ですけど、基本はこういう事。

要は、仕事の受注量を上げて、

作業する人を増やさない限りは、

売り上げもあがらないし、

いろいろな駆け引きの土俵に上がる事もできないということ。

だから、今の仕事を土台にして、もう一歩を考えないと、結局、独立前と同じになってしまう。

ここのもう一歩がないと、融資もしてもらえない。だから、僕にとっての二学期は、

もう一歩を見つける

これです。

広告を非表示にする