禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

生写真をゲットするために京極に行く!



それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

田舎でのマニアな買い物はどうしたのか?

ども!それどこ大賞ということで、

昭和時代のネットのない時代で、

僕なりに「えっ!それ」「それどこで買ったの?」と言われるような「マニア」な買い物の思い出を考えました。

アイドルの生写真?!それどこ!?

僕達昭和時代の世代では、カラーコピーなんて無い時代。

ですから、もっぱらアイドルの写真なんかは、雑誌の切り抜きで集めたもんです。

その写真を今でいうとこの「クリアーファイルのような下敷き」挟んで使ってました。

だいたい、これが定番でした。

しかし!やはりポスターや他のグッズもほしい。そう思うのが少年の心。

ポスターは割と手に入れやすかったのですが、「生写真」となるとそうは行きません。

で、生写真とはとなるのですが、

要するに「カラー写真」のことです。

ブロマイドのような物で、言って見れば、

アイドルの写真を焼き増ししたようなモノ。

今考えたら、そこらの雑誌を写真に撮って、

勝手に売ってたんとちゃうかな~とか思ったりします。

そんなマニアなモノを購入するとき、

京都人は寺町京極に行くのです。

新京極じゃ無いですよ~寺町京極です。

ようは新京極の隣ですね~

そこには、アイドルグッズのみ売っている、

マニアお店があったのです!

狭い店内を所狭しと、アイドルグッズが、

まるでドン・キホーテのように山積み販売されてました!

そして僕達は少ない小遣いを貯めた大事なお金で「生写真」を購入するのです!

田舎の僕達に「新京極はまぶしすぎ」「寺町京極ではんなりと買い物」これが昭和の買い物でした。

今でも、あるのかな~

 

広告を非表示にする