読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙から何故か自転車にハマったオヤジです。

歯槽膿漏悪化で禁煙を決意!それから創意工夫で根性禁煙継続中!それからなぜだか自転車(MTB)の世界にハマり中です。

【一週間目】ぎっくり腰になって僕がしたこと【最初の三日間の治療が肝】

健康

僕がぎっくり腰になってしたこと

あの激痛から早くも一週間です。
大分と痛みはましになり、
何とかWワークもこなせるほどには、
回復致しました。
でも、まだまだコルセットは、
手放せない状態ですが、
僕なりの治療の流れを、
忘備録のように、書いていきたいと思います。



【1~3日】一に冷却二に固定するのが有効!

ぎっくり腰といっても、
要するに、背中にある筋肉の捻挫みたいなもの。
ただ、他の部位と違い、身体の中心に患部かわあるため、かばうことができません。
ですから、歩くことすら困難になるのだと思います。
でも、生活するのですから、多少、無理をするようなこともあるとは思います。
でも、できるだけ心静かに安静するのが、この「ぎっくり腰」の治療の肝となります。
ですから、できるだけ動かずに、
横になるなどして、背中の筋肉を休めてあげて下さい。

更に効果的なのは冷感シップです。

この一日目で大事なことは、
とにかく患部を冷やす事。
これが一番大事です。
そのためには、冷感シップが一番ですね。
冷感シップ

【第3類医薬品】ハリックス55EX冷感A 20枚

【第3類医薬品】ハリックス55EX冷感A 20枚

僕が使っているのは、
この「ハリックス」ですが、
他にもたくさんあります。
どれでもいいとは思いますが、
僕がこのハリックスを使ってる
理由は「シップの匂いがまだまし」
これだけです。
他にも匂いがないのはあると思います。

腰の筋肉の負担をとる!コルセットの着用!

このコルセットがあるのと、ないのでは段違いです。
できるだけ早く購入して、装着するべきだと思います。
先ほども書いた通り、背骨付近は身体の中心になります。
どんな体勢をとったとしても、
必ず腰の筋肉に負担がかかります。
この負担が損傷した筋肉の痛みに直線触れるので、激痛が背中から頭にかけて走ると思います。
ですから、その負担を軽減させるためにも、コルセットが必ず必要になります。
僕も初めてぎっくり腰になった時に、
いつも行っている整骨院の先生に、教えてもらいました。
(今書いてるのは、先生に教えてもらいましたσ(^_^;)
このコルセットがスグレモノで、
僕は治療を受けて、コルセットをつけてから、病院に来た時より、確実に楽に歩いて帰ることができました。

こういう製品もドラッグストアなどで購入できます。
僕も今はこのコルセットをつけてます。

あとは、この一日~の三日間は、
かかさずシップを貼り替えて、寝てる間もコルセットをして、安静にする。
っていうか、コレぐらいしかできないです。
これは病院に行っても一緒やしね。
違うのは痛み止めの薬がもらえるくらいかな。
でも、本当にどうにもならないぐらいの痛みは、迷わず病院に行きましょう!
僕も過去に行きました!
やっぱり安心ですからね。